スイスを離れた後、数十万フランに上る税金が発生する外国人労働者がいます。彼らが母国に戻る際、スイスで蓄積された年金基金資産に対して再び税金が課されることがよくあります。税率は最大60%に達することもありますが、これに回避策があります。

回答:はい。しかし、スイスで源泉徴収され、税金はあなたの私邸ではなく、年金基金の私邸によって計算されます。

回答:はい。シュヴィーツ州の税率は圧倒的に最低です。

例:
チューリッヒの最高税率 – 8.6%(ほとんどの年金基金が所在する場所:AXA、スイスライフなど)
シュヴィーツの最高税率 – 4.8%
ツークの最高税率 – 6.8%

回答:年金基金資産をシュヴィーツの口座に移すことができます。その後、法的要件を完了する必要があります。これには、スイスからの登録抹消、海外居住地の証明などが含まれます。

回答:スイスの源泉徴収税以外にも税金が課される可能性があります。国によって大きく異なりますが、デンマークでは所得税が最大60%、スウェーデンでは52%、米国では35%になります。ただし、スマートな税務計画と構造化を行うことで、これらの税金を節約する方法があります。

回答:私に連絡してください。katsura.suzuki@ksc-global.com

担当者に繋ぎます。

お金の授業

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です